ラクトフェリンとは

  • HOME >
  • ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンとは?

健康維持と深い関わりを持つラクトフェリン | ラクトフェリンを効率良く摂取するには | ラクトフェリンの持つ働きとは?

ラクトフェリンという成分について、ご存知でしょうか。
ラクトフェリンという言葉は、牛乳のミルクという意味を持つ「ラクト」という言葉と、鉄という意味を持つフェリンという言葉が合わさった
言葉で、鉄と結合するという性質を持ち、多機能たんぱく質です。

健康的な毎日を過ごす事と深い関わりを持つラクトフェリン

ラクトフェリンは、牛乳など、哺乳類の母乳に多量に含まれている成分で、人間の赤ちゃんが飲む母乳に豊富に
含まれている成分で、とくに出産直後の母乳に多量に含まれていると言われています。
生まれたての赤ちゃんは、毎日母乳を飲んで、栄養補給することはもちろん、体に抵抗力をつけて、健やかな成長を手助けしています。
ラクトフェリンは、赤ちゃんが健やかに成長する過程では必要不可欠な栄養素であり、子どもから成人、高齢者まで年齢を問わず、健康的な毎日を過ごしていくためには、ラクトフェリンの存在なくしては語れません。

ラクトフェリンを効率良く摂取するには

ラクトフェリンは、牛乳や母乳に豊富に含まれていますが、熱に弱いという性質を持っています。
牛乳が製造される過程において、高温殺菌する場合、ラクトフェリンはほとんど含まれていません。
低温殺菌された牛乳でも、温めて飲んだり、温かいコーヒー牛乳を飲んでいては、ラクトフェリンの含有量は少なくなります。

ふだんの食生活の中で、ラクトフェリンを効率良く摂取するには、ヨーグルトを食べると良いでしょう。
ラクトフェリンは、細菌へ様々な働きかけが期待されており、腸まで届き、働きかけてくれる栄養素です。
ヨーグルトを食べることで、ビフィズス菌や乳酸菌の栄養素と合わせて摂取することができます。
ヨーグルトをふだん食べない人や、味やニオイが苦手な方は、ラクトフェリン配合のサプリメントを摂取すると良いでしょう。

ラクトフェリンの持つ働きとは?

ラクトフェリンは、デンマークのゼーレンセン博士が1939年に発見した成分で、牛乳の中に赤い色の
タンパク質ということで、話題になりました。
その後、ラクトフェリンについてさらに研究が進められた結果、鉄と結合するという性質を持つこと
がわかりました。

わたしたち人間が健康的な毎日を過ごしていくために、大変重要な役割を果たしているということで、注目されるようになりました。

生まれたばかりの赤ちゃんは、体の抵抗力や免疫力が弱いため、母乳を毎日飲み続けて、体の抵抗力を強くする必要があります。

ラクトフェリンは、牛乳やチーズなどの乳製品に含まれていても、そのほんどが胃の中で分解されてしまい、腸内まで届けるのが困難と言われています。
一方、ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリンは、ライオン独自の特殊なコーティング加工でラクトフェリンがそのまま腸内まで届くのでお勧めです。

>>⇒ライオン ナイスリムエッセンス ラクトフェリンについての詳細はこちら<<